フェレット飼育ノート

いたちのおうちの覚書

16才☆魔法少女撮影(モデル:奏汰くん)

基礎知識

フェレットの歴史~日本でペットになるまでの事~

更新日:

イタチ科に属する肉食性の哺乳小動物である。

ヨーロッパケナガイタチもしくはステップケナガイタチから家畜化されたもので、古くからヨーロッパで飼育され、現在は世界中で飼われている。

狩猟、実験、毛皮採取、愛玩用に用いられる。

体長は、成体で35 - 50cmほど。メスの方が小さい傾向にある。視力はあまり良くないが嗅覚と聴覚は発達している。また動体視力はある程度優れており、動くものに対して反応を示す。

毛色は様々である。犬歯が発達しており、歯の本数は上下で36本である。内訳は(上顎:前歯6本、犬歯2本、小さな奥歯6本、大きな奥歯2本)、(下顎:前歯6本、犬歯2本、小さな奥歯8本、大きな奥歯2本)である。体温は38℃

ウィキペディア「フェレット」より

スポンサーリンク

フェレットの歴史

紀元前3000年のエジプトで家畜としての歴史が始まったのではないかと言われていて、

紀元前1400~1200年前の穀倉の壁画にネズミの捕獲をしているのではないかと思われるその姿が残っているそうです。

それからずっと、この子たちは

人間の仕事のお手伝いをしてくれてきました

人間の役に立ってくれてきました

人間の欲求を満たしてくれてきました

その昔、ヨーロッパにおいて、フェレットは狩りに珍重されていた。フェレットがウサギや齧歯類などの獲物を巣穴から追い出し、それを猟師が狩るという方法で、今でもイギリスやオーストラリアでは続いている。また、ネコと同様、ネズミ退治にも利用された。ミンクなどの毛皮の代用品としても利用された。

フェレットは狭い管の掃除にも用いられた。フェレットの習性を利用して紐を2点の管に通して、それからブラシを通して管の中を掃除するという方法である。電気が普及すると、フェレットに電線やケーブルに繋いだ紐を繋ぎ、狭いところの配線を手伝わせていた。ロンドンオリンピック (1908年)でもフェレットは上記の工事に大活躍をした。

参照:Wikipedia「フェレット」 

また、

ルネサンス時代には、フェレットによる狩猟が裕福な女性の趣味とされ、すでに家庭内でペットとして飼われていたそうです。

1875年頃には、イギリスのヴィクトリア女王が、訪問客にアルビノのフェレットをプレゼントしていたという話があります。

その同じ頃、毛皮商人がスペインからアメリカにフェレットを輸入したという記録が残っています。

アメリカで、フェレットは毛皮獣として、またネズミ駆除としても使われました。

1900年代初期にはアメリカで毛皮獣としての飼育が盛んになり

1986年には毛皮用ファームの登録数は127件に達していました。

コンパニオンアニマルになるまで

  • 毛皮採取目的
  • 動物実験用

ミンク等の代わりとして毛皮の改良に特化した品種改良を重ねてきた歴史を持つファームがあります。

また、これは2015年の論文⇒ 生体の科学66巻2号「フェレットを用いた高等哺乳動物の脳神経医学研究

論文として一番古いものは、1926年に犬ジステンパーの実験に使われたという記録だとされています。

その詳細はこちらなど

フェレットの歴史「動物たちが人間のためにしてきてくれた事」

 

※テスト投稿

-基礎知識

Copyright© いたちのおうちの覚書 , 2018 All Rights Reserved.